お呼ばれドレスのおすすめの選び方

女性は齢を重ねるにつれ、結婚式や会社のセレモニー、パーティーなど、ドレスアップして出掛ける用事が増えてきます。ドレスの格は大きく分けてフォーマルやセミフォーマルやインフォーマルの三つがあり、シーンによってどんなものを着用するべきかが異なります。フォーマルは結婚式の新郎新婦や皇室行事での服装であり、最高位にあたりますが、ほとんどの方にとって着用する機会は非常に限定的です。多くはフォーマルに準ずるセミフォーマルや、よりカジュアルなインフォーマルのドレスを身に付けることになります。また、そうした格式とは別に、スマートカジュアル、カジュアルエレガンスといったコーディネートを指定しているパーティーや施設もあります。ここではシーン別のマナーやしきたりを踏まえつつ、おすすめのお呼ばれドレスの選び方を紹介します。

結婚式でのお呼ばれドレスはセミフォーマルで

結婚式のお呼ばれドレスはセミフォーマルが一般的です。スカート丈は膝丈から膝下程度に留め、肩や背中の大胆な露出は控えます。生地はシルクやレースなどが好まれます。色やデザインは自由ですが、ウェディングドレスの色である白色は避けましょう。薄いベージュなどの色も写真では白く見えてしまうことがあるため、注意が必要です。他に殺生を連想させる毛皮やアニマル柄、過度な露出もマナー違反となります。また、全身黒一色のような喪服を思わせる格好は避けた方が無難です。但し露出に関しては、時間帯によっては許される場合があります。夜のパーティーは露出が多い方が格式高いとされるため、イヴニングドレスやカクテルドレスといった格好が推奨されます。夜はアクセサリーも大振りで華やかなものが好まれるため、時間帯によって臨機応変に選ぶことが必要です。

カジュアルパーティーのお呼ばれドレスはインフォーマルで

カジュアルな結婚式やパーティーの場合、インフォーマルなお呼ばれドレスが活躍することになります。平服と指定があった場合も、普段着ではなくインフォーマルを指します。インフォーマルは膝丈や袖丈などに規定がなく、素材も綿や麻、デニムなどのカジュアル色が強過ぎるもの以外は概ね着用可能です。柄のあるデザインも色味を抑えたものであれば大丈夫です。お祝い事であれば明るい色で、ビジネスの場であれば少しシックに、など場の雰囲気を考えつつ自分らしいものを選びましょう。また、レストランやホテルの中にはスマートカジュアルをドレスコードにしているところもあります。こちらはいつもより少しめかし込んだワンピースや、ブラウスとスカートの上品なコーディネートと考えましょう。ホームパーティーなどに参加する場合は、主催者との間柄が鍵になります。関係性を考慮しながら、失礼にならない程度に身なりを整えましょう。

商品到着後3日以内であれば、返品・交換を受け付けます。 大活躍間違いなしのパーティーバッグやアクセサリーもおすすめです。 ドレスをグッと華やかにする、ぴったりのアクセサリーやグッズも揃っています。 1枚でコーデ完成!最旬のワンピースでトレンド感も手に入れられます。 パーティーはもちろん、普段使いもできる着回し抜群のアイテムが多数ラインナップ。 お呼ばれドレスを選ぶならこちらのサイトがおすすめ