人気のあるお呼ばれドレスの種類

お呼ばれドレスと一言で言っても、アフタヌーンドレス、カクテルドレス、イブニングドレスと種類も様々で、シルエットとしても、フィット&フレアー、バルーン、Aライン、Iライン、Xライン、エンパイア、タイト、フィッシュテールなど様々な形のドレスがあります。着ていくシーンも様々で、結婚式や、懇親会、パーティーの内容や出席者の雰囲気、また開催時間によっても着こなしが変わってきます。これだけ種類があるとどんなドレスを着ていったらいいか迷ってしまいますね。この中でも人気があるのは、単色でコーディネートしやすく、AラインやXライン、Iラインといった体型をカバーしやすいデザインのものです。これらを踏まえて、ドレスを着ていくシーンや自分の体型に合ったドレスの中から好みのものを選ぶと良いでしょう。

シーンに合ったお呼ばれドレスの選び方

では、シーンに合ったお呼ばれドレスとはどんなものかというと、例えば、結婚式です。昔は、袖あり、ひざ下が結婚式のドレス選びの基本でしたが、現在は昔よりもラフになり、そんなに気にする必要はありません。気を付けなければいけないのは、色です。新郎、新婦が着用する白やクリーム色などのホワイトカラーは避けましょう。また、花嫁のお色直しで選ばれることが多い、ピンクや水色などもできれば避けると良いでしょう。袖がないドレスを選ぶ場合は、ボレロやショールを取り入れると良いです。結婚式の他にドレスを着ていく機会というと、懇親会やパーティーでしょう。内容や出席者の雰囲気に合わせる必要もありますが、あまり地味なものを選んでお祝いの雰囲気を盛り下げないよう、華やかなものを選ぶことをおすすめします。そして、夜に開催されるパーティーでは、袖がないタイプのドレスなどを選ぶと、華やかで場に合った装いになります。

体型に合ったデザインのドレスとは

次に、体型に合ったドレスとはどんなものか、お呼ばれドレスの中でも体型カバーに優れて人気のある三つのシルエットを詳しくご紹介します。Aラインのドレスは、上半身を締まった印象に見せることができ、裾がゆるやかに広がっていることで、下半身の体型を隠すことができるため、下半身にコンプレックスがある方や、ふんわりとした可愛いデザインがお好みの方におすすめです。また、Iラインのドレスは、ストンとしたシンプルで真っすぐなシルエットのドレスで、ウエストやヒップを隠すことができ、スッキリとした印象を与えたい方や、体のラインを出したくない方におすすめです。Xラインのドレスは、メリハリのある形が特徴で、肩や胸はふんわりとして、ウエストは絞れており、腰から先はふんわりとしているため、バストが大きいことが気になる方や、おしりが大きい方、ウエストのくびれを強調してメリハリを出したい方におすすめのドレスです。