長く使えるお呼ばれドレスの特徴

パーティーや結婚式などに着ていくフォーマルドレスのことを、通称「お呼ばれドレス」と言い、そのドレスにはいろんな種類があります。着る機会は決して多くないため、どういったものがよいのかよくわからない方も多いと思います。お呼ばれするシーンや着る方の年代によって合わせるべきドレスがあり、その選び方にもポイントがあります。お呼ばれドレスにはリトルブラックドレス、モードワンピース、セットアップやオールインワン、レースドレスなど、会場の雰囲気やフォーマル度によって選ぶことが望ましいです。以前購入したドレスがあるから…と思っていると、雰囲気に合わないものだったりしますので、せっかくの機会に見直しをしてみてはいかがでしょう。いつも同じものを着るのではなく、せっかくのお呼ばれシーンをおしゃれして楽しんでみてください。また、これを機に長く使えるデザインを選択することも大切です。

シーンごとにご紹介するお呼ばれドレス

シーンごとにお呼ばれドレスの種類をご紹介します。まず、格式の高いホテルなどが会場の場合はリトルブラックドレスがおすすめです。軽やかな素材のもので、程よい肌魅せ具合、コンパクトなシルエットのものは女性らしさが表現できておすすめです。高級レストランなどでの披露宴なら、身体のラインを強調しないシルエットで、華やかなカラーやハリのある素材などでおしゃれ感が漂うモードワンピースがおすすめです。ガーデンウエディングなどの少しカジュアルなお呼ばれには、インパクトのあるディテールのセットアップやオールインワンで遊んでみてはいかがでしょう。夜の二次会などには、甘くしすぎず少し色気も感じさせるようなレースのアイテムが際立ちます。ハリのある上質なレースを用いたものが望ましいです。

持っておくと便利なおすすめお呼ばれドレス

何度も着るものでないだけに、長く使えるお呼ばれドレスがあるとお呼ばれの度に悩むこともありません。年代別に持っておいたほうがよいドレスは異なりますが、きちんとした雰囲気やエレガントな雰囲気が出せるものを選ぶことで、長く使うことができます。1着は持っていると使えるのは、ネイビーまたはブラックのシルクドレスです。シンプルなデザインでひざ丈のものを選び、素材の良さを強調できるようなものであれば、格式の高い結婚式であっても清楚な雰囲気を表現でき、年代を問わず着ることができます。また、ハリのあるジャガード素材などの膝丈シンプルドレスも幅広い年代で活用が可能です。小物の合わせ方、ヘアスタイルなどでイメージを変えられるのでお呼ばれの度にコーディネートを楽しめます。露出度の高いものや短い丈のデザインのものは避けた方が無難です。